お問い合わせお問い合わせ
ダウンロード資料
ダウンロード

ジェピコメディア

  1. TOP
  2. ジェピコメディア
  3. Quanergy 産業 物流 センシング/IoT
  4. 【活用事例】韓国初のV2Xスマートシティ展開にQuanergy社3D LiDARが採用されました

【活用事例】韓国初のV2Xスマートシティ展開にQuanergy社3D LiDARが採用されました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【活用事例】韓国初のV2Xスマートシティ展開にQuanergy社3D LiDARが採用されました

目次

1) 3D LiDAR韓国での最初のV2Xスマートシティ展開
2) Quanergy Systems社とは
3) 参考情報

4) お問合せ

 

1) 3D LiDAR韓国での最初のV2Xスマートシティ展開

Quanergy社の3DLiDARソリューションが韓国での最初のV2Xスマートシティ展開に選択されました。

韓国のいくつかのパイロットスマートシティの1つである釜山に展開されたLiDARベースのIoTソリューション。

Quanergy社3D LiDARソリューションは、95%を超える精度を提供し、輸送ポリシーの改善に役立ちます。

総所有コスト(TCO)が低いため、30%以上のコスト削減が実現します。

Quanergy社はデータ駆動型IoTスマートシティを構築する韓国政府の戦略であるICT(Information, Communication, and Technology) の開発をサポートする為にQuanergy社3D LiDARソリューションが採用されることを発表しました。

韓国の釜山は、その先駆的なパイロット都市の1つです。

Quanergy社と長年のシステムインテグレーターパートナーであるiCent社と共同で展開された、Quanergy社の3Dソリューションは、MQ-8 LiDARセンサと独自の知覚ソフトウェアQORTEXDTC™で構成され、歩行者の歩行方向や交通状況、総交通量、およびスピード違反の車両の数などの交通データ等を収集して分析します。これにより、iCent社のiSaverデータ分析プラットフォームは、時刻、曜日などに基づいてパターンを分析していきます。 収集されたデータにより、釜山のスマートシティ交通センターは、交通パターンをよりよく理解し、安全上の問題を予測し、最終的には歩行者の安全を向上させるための交通政策を策定することができます。



ICTのインフラは、よりスマートにデータ駆動型の意思決定に対し、情報を提供するために非常に重要です。このソリューションは信号機と統合して交通に動的に応答し、ドライバーと歩行者がスマートフォンのアプリを介してリアルタイムの交通情報を可視化できるようにします。これは、V2X(Vehicle to Everything)機器とビーコン機器の交通データを提供する韓国初のシステムです。

「Quanergy社のLiDARソリューションは、昼夜を問わず、すべての周囲条件で95%を超える精度と信頼性の高いパフォーマンスを提供しました」と、iCENT社のCEOであるMoon、Won Sang氏は次のように述べています。「LiDARソリューションは、総所有コストを低く抑え、30%以上のコスト削減を実現しました。 LiDARを使用すると、データ収集も自動化され、エラーが発生しやすい手動のデータ収集方法が不要になります。」

2020年にはQuanergy社は韓国のソウルにSmart LiDARソリューションをインストールし、学校区の横断歩道の安全性を向上させました。(詳細はこちら)

2) Quanergy Systems社とは

Quanergy Systems社は2012年の設立以来、シリコンバレーの中心に本社を置き、安価、高精度、高い耐環境性能を特徴とするLiDARソリューションを提供しているメーカーです。

Quanergy社の使命は、自動車やロボット、IoTなど様々なアプリケーション向けに信頼性の高く、廉価なスマートLiDARソリューションを開発し、人々の生活と安全性を向上させることです。

Quanergy社のリアルタイムで高精度な3Dデータを活用して、産業自動化、セキュリティ、スマートシティ、スマートスペースなど、さまざまな市場において業務の効率化と安全を向上させることができ、既に世界各国の350社を超える企業が導入しています。

製品情報・関連記事
Quanergy のその他製品ラインナップは こちら
Quanergy の関連メディア記事は こちら
Quanergy製品データシートはこちらより登録後/ダウンロードをお願いします。


3) 参考情報

■製品情報
 
■ソフトウェア情報
■3D LiDARとは
 

4) お問合せ


貴社のご開発に当たり、最適なモデルのご提案をさせていただきます。
ご希望の際は、下記問い合わせフォームより相談または下記担当者まで問合せください。




担当部門: 特販営業グループ
メール : quanergy@jepico.co.jp
担当者 : 小暮 03-6362-0422(ダイヤルイン)

上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
不在の場合には、お手数ですが問い合わせフォームよりお願いいたします。

最新情報更新中!
youtube  
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加