ジェピコメディア

    エレクトロニクス専門商社ジェピコジェピコメディアPhaseOne高解像度な産業用PhaseOneカメラの特徴とは

高解像度な産業用PhaseOneカメラの特徴とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高解像度な産業用PhaseOneカメラの特徴とは
この記事では、PhaseOne社が提供する産業向け中判 高解像度カメラの様々な特徴を紹介いたします。

目次

 画素数・分解能
 ダイナミックレンジ
 色分解能
 SDK
 システム提案
 お問い合わせ

個別の製品に関しては、こちらから参照ください。

 画素数・分解能

PhaseOne社は、デジタルカメラの産業に対して、継続して世界初の高解像度カメラを世の中に提供し続けています。
いくつかの代表的な高解像度カメラで実際にどのくらいの分解能で撮影が可能か具体的に紹介いたします。

  XF IQ4 150MP : 1億5000万画素 1眼レフカメラ
1眼レフカメラ 分解能表
  サンプルデータは、こちらより参照ください。

  iXM-100 : 1億画素 ドローン搭載可能 点検用カメラ
   
ドローン用カメラ 分解能表
   
  iXM-RS280F : 2億8000万画素 航空機搭載用 航空写真/測量用カメラ
空撮用カメラ 分解能表

※それぞれの高解像度カメラにて使用しているセンサが異なります。
 撮影する際のカメラに取り付けるレンズにより、撮影範囲・分解能は変化いたします。
 個別の分解能に関しては端数計算により若干の誤差が生じている可能性がございます。

詳細に関しては、弊社担当者までお問い合わせください。

 ダイナミックレンジ

PhaseOne社高解像度カメラは、80dB以上のダイナミックレンジを持ったセンサーを使用しています。
このダイナミックレンジを活かし、屋内/夜間など十分に明かりを確保できない場面での撮影暗部での撮影など、RAWファイルで保存したデータを専用ソフトウェアで明るさ調整をすることにより暗部を明るく調整することが可能です。
以下が同社のカメラで撮影したサンプル例となります。

都内高速道路を下部から撮影
(ISO 50, シャッタースピード1/30, 絞りf/8, 80mmレンズ, 撮影距離 約15m)
調整前
調整後
RAW画像 修正後画像
調整後の拡大写真(ピクセル等倍)は、こちらからダウンロード可能です。
サンプル1サンプル2

そのほかにも多数のサンプルがございます。
ご希望の方は、弊社までお問い合わせください。

 色分解能

PhaseOne社高解像度カメラで使用しているセンサは、RGB各16bitの色分解能を有しています。
なんと、281兆色を表現できる計算になります。そのため、被写体の色再現性を高く保存することが可能です。
モニタ上での画像確認ではその有効性を活かすことは難しいですが、近年、様々な分野で活用されているAI技術などで学習を行う際、この高解像度カメラを使用することで精度の向上を期待できます。

 SDK

お客様のシステムにソフトウェア処理を組み込むなど別途開発をご希望されるお客様に対しては、SDKを使用して開発を行うことが可能です。
現在販売しておりますほとんどの高解像度カメラ製品でSDKによる開発が可能です。
開発用ソフトウェア(SDK)資料のご提供も可能です。

ご希望される場合は、弊社担当者へお問い合わせください。

 システム提案

PhaseOne社高解像度カメラは、製品の持つその高解像度の特徴を活かし様々な用途で活用いただいております。
上空からの撮影の際は、撮影時の時刻や位置情報などの情報も含めて保存することが求められます。
PhaseOne社では、システム製品としてもご提案を行っております。
ドローン用カメラ 空撮用カメラ

  詳細に関しては、担当者へお問い合わせください。


個別の製品に関しては、こちらから参照ください。
実際のサンプル画像は、メディアページよりご参照ください。

 お問い合わせ

具体的な内容をご希望の場合には、お手数ですが弊社までお問い合わせください。

製品担当:土屋、石川
TEL : 03-6362-0316
Email : jepico_HSP@jepico.co.jp
最新情報更新中!
Twitter
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加