お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアPhaseOne1.5億画素高解像度カメラで実現する<ひび割れAI解析ソリューション>

1.5億画素高解像度カメラで実現する<ひび割れAI解析ソリューション>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1.5億画素高解像度カメラで実現する<ひび割れAI解析ソリューション>
高度経済成長期に建築・製造された道路・橋梁・トンネルなどのインフラ設備はほとんどの設備が50年前後の歳月が経過し、各施設の状況把握/修復が急務となっております。

この記事は、鉄道橋の写真データをサンプルにPhaseOne社1.5億画素高画素カメラの高解像度写真と日立システムズ社によるひび割れAI解析を活用した点検効率化ソリューションをご紹介させていただきます。

 提案ソリューション

「1.5億画素高解像度カメラ x ひび割れAI解析」

PhaseOne : 1.5億画素高解像度カメラ
 
    日立システムズ: ひび割れAI解析


 こんな課題ありませんか。

・全国各所に運用中の大規模インフラ設備が点在し、実態把握が困難
・ベテラン作業員の高齢化/確保が困難
・大規模なインフラ設備は、設備全体を把握するために多数の撮影を実施する必要あり

・撮影後、似た写真が存在し、不具合箇所を特定することが困難


 PhaseOne社1.5億画素高解像度カメラを使用すると

・高解像度撮影が可能となり離れた位置から広い範囲を撮影。全体の撮影時間短縮を実現
 もちろん、足場を組む必要もありません。(撮影現場によります)
損傷箇所の位置特定も簡単


上記の例では、拡大しても0.05mmのクラックスケール(右側)も鮮明に確認可能です。



多彩なレンズ群により撮影現場に合わせて、撮影範囲(撮影分解能)を撮り分けることも可能です。
こちらは、使用レンズと撮影距離に応じた見え方の違いです。

   撮影距離 [m]
使用
レンズ
3 5 8 10 15 20 30 50
55mm   All_55_5.jpg All_55_8.jpg All_55_10.jpg        
80mm   All_80_5.jpg All_80_8.jpg All_80_10.jpg All_80_15.jpg      
110mm   All_110_5.jpg All_80_8.jpg All_110_10.jpg All_110_15.jpg All_110_20.jpg    
240mm           All_240_20.jpg All_240_30.jpg All_240_50.jpg
120mm
マクロ
All_120_3.jpg              

※ファイルサイズが大きいため一部の画像のみダウンロード可能です。
 その他のファイルをご希望の方はこちらからお問い合わせください。

クラックスケール部分拡大画像(ピクセル等倍で表示時)

   撮影距離 [m]
使用
レンズ
3 5 8 10 15 20 30 50
55mm   Scale_55_5.jpg Scale_55_8.jpg Scale_55_10.jpg        
80mm   Scale_80_5.jpg Scale_80_8.jpg Scale_80_10.jpg Scale_80_15.jpg      
110mm   Scale_110_5.jpg Scale_80_8.jpg Scale_110_10.jpg Scale_110_15.jpg Scale_110_20.jpg    
240mm           Scale_240_20.jpg Scale_240_30.jpg Scale_240_50.jpg
120mm
マクロ
Scale_120_3.jpg              

※ピクセル等倍:写真上の画素とディスプレイの画素が同じ。一番きれいに見える表示。

ドローンを活用した撮影にも対応可能です。

 ひび割れAI解析を実施

日立システムズのクラウド型AI解析サービスにより確認作業を省力化!
撮影後の写真を1枚1枚確認するには膨大な時間と労力を要します。


・AIを用いて画像1枚からひびわれを自動診断可能です。
・画面上にクラックスケールを表示でき、自身でクラックスケールを当てているように確認可能。
・AIが診断したひび毎の幅 / 長さを表示
・1枚ごとの診断に加え、オルソ処理した広域平面画像での解析も実現。ひび割れ位置の把握が容易
・バージョンアップにより、さびのAI解析も可能に。
現場ごとに台帳作成でき長期管理が容易。

上記の写真(80mmレンズ, 撮影距離10m, 撮影分解能0.47mm/pixel)を例に確認しました。



非常に広範囲を撮影した一部を拡大し、ひび割れの状況を確認することが出来ました。
画像右下: 支柱上のクラックスケールと同じ寸法となっていることがわかります
       (下から5番目, 0.20mmの線ははっきりと視認することが可能です)
画像右上: 実際のクラックに重ね、現場で確認するように寸法を計測することが可能です。

日立システムズ社製品の詳細は、こちらを参照ください。

サンプル撮影、サンプル診断のご要望もお答えいたします。
お気軽にお問い合わせください。


 関連メディア

製品情報
産業用高解像度1億5000万画素中判カメラシステム
ドローン対応点検・検査向け1億画素デジタルカメラ
PhaseOne社 文化遺産デジタルアーカイブ向けiXH 1億5000万画素カメラシステム
PhaseOne社 PhaseOne Rainbow(マルチスペクトルイメージング)
PhaseOne社 2億8000万画素(280MP)の航空撮影ソリューション
オブリーク航空カメラシステム「PAS 880」 PhaseOne社

レンタル可能!フェーズワン社高画素カメラ 導入検討のお客様へ

活用事例
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~橋梁編~
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~鉄道橋編~
ジェピコと日立システムズが大ピラミッド内部の高精度3次元モデル作成に成功
・日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化

 お問い合わせ

具体的な内容をご希望の場合には、お手数ですが弊社までお問い合わせください。

問合せ窓口:土屋(03-6362-0336)、石川(03-6362-0369)
上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりお願いいたします。
Email : jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!
 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加