お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアPhaseOnePhaseOne社 次世代航空撮影システム PAS 280 MK2、PAS 150 MK2を発表

PhaseOne社 次世代航空撮影システム PAS 280 MK2、PAS 150 MK2を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PhaseOne社 次世代航空撮影システム PAS 280 MK2、PAS 150 MK2を発表
より速く、より生産的な撮影を実現
2000m以上の上空から、10cm/pixel分解能を実現

この度、PhaseOneジャパン株式会社(代表取締役社長:ヘンリック・オーレ・ホコンソン)は、次世代Phase One 航空撮影システム(PAS 280 MK2, PAS 150 MK2)を発表しました。
PASは、Applanix社のGNSS-Inertialユニットを搭載した新しいiXコントローラー シリーズに対応しており、ダイレクトにジオリファレンスが使用可能になるなど、マッピングがより効率的になりました。

従来製品に比べ、iXコントローラをバージョンアップ。Applanix社GNSS-Inertialユニットを搭載してカメラコントロールを効率化しダイレクトにジオリファレンスが使用可能になりマッピングの効率化が可能となります。

 特徴

 ・大型の航空撮影システムでありながら軽量、コンパクト
 ・Applanix社の最新GNSS技術 AP+を搭載した次世代PAS
  ※AP+は地上のコントロールポイント(GCP)を使用せず、ダイレクトにジオリファレンスを取得可能
 ・iXコントローラーとの完全な結合により、従来に比べ迅速かつ効率的に航空地図プロジェクトを完了
 ・高度なブラーコントロールモーションにより、高速飛行でもシャープな画像を撮影可能。
 ・高感度なハイダイナミックレンジセンサを採用 (撮影エリア20,000ピクセル)
 ・高速撮影 2フレーム/秒
 ・実機による航空測量やマッピング、防衛/セキュリティ用途を想定。大型UAVに搭載も可能。
 ・4バンド構成ではRGBカラーと近赤外(NIR)を同時撮影可能(オプション)


 システム構成

ご希望の撮影範囲、解像度に応じて2種類を用意。


システム構成は以下の通りです。
 ・2億8000万画素超高解像度カメラ iXM-RS280F / RS-280F 4band
   もしくは
  1億5000万画素超高解像度カメラ iXM-RS150F / RS-150F 4band
 ・Applanix社 IMU Unit "AP+"
 ・Somagジャイロスタビライザーマウント(DSM 400 / DSM 40)
 ・システムコントローラ iX Controller MK5
 ・関連Software(iX Capture, iX Flight, iX Plan)




 撮影分解能

超高解像度の2億8000万画素カメラは、高高度からの撮影にて1度で広範囲を撮影可能です。

  地上分解能  
  GSD(cm)  
  高度(m)     撮影幅(m)  
3 718 605
5 1,197 1,008
10 2,394 2,015
20 4,787 4,030



 対象のアプリケーション

 ・航空測量
 ・航空地図作成
 ・防衛/セキュリティ
 ・農業/林業
 ・植生マッピング(4band使用時)


 関連メディア


超高解像度 1億5000万画素 1眼レフカメラシステム
ドローン対応点検・検査向け1億画素デジタルカメラ
マシンビジョン向け高解像度1億5000万画素中判カメラシステム
PhaseOne社 文化遺産デジタルアーカイブ向けiXH 1億5000万画素カメラシステム

PhaseOne社 PhaseOne Rainbow(マルチスペクトルイメージング)
PhaseOne社 2億8000万画素(280MP)の航空撮影ソリューション
オブリーク航空カメラシステム「PAS 880」 PhaseOne社
ドローン用超高解像度カメラシステム「P3ペイロード」発表
PhaseOne社 次世代航空撮影システム PAS 280 MK2、PAS 150 MK2を発表

レンタル可能!フェーズワン社高画素カメラ 導入検討のお客様へ


PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~橋梁編~
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~鉄道橋編~
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~風力発電編~
1.5億画素高解像度カメラで実現する<ひび割れAI解析ソリューション>
ジェピコと日立システムズが大ピラミッド内部の高精度3次元モデル作成に成功

日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化


【お問合せ先】

製品やこの記事に関するご質問はこちら

問合せ窓口:土屋(03-6362-0336)、石川(03-6362-0369)
上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
Email : jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!
youtube  
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加