お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアPhaseOnePhaseOne社 PhaseOne Rainbowを発表

PhaseOne社 PhaseOne Rainbowを発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PhaseOne社 PhaseOne Rainbowを発表
1億画素マルチスペクトル で 初の 自動撮影ソリューション
視覚的・科学的分析で見えないものを明かに

PhaseOne Japan株式会社は、マルチスペクトルイメージング(以下 MSI )の分野で初めて完全自動化された高解像度ソリューションを発表、受注を開始しました。
このPhaseOne Rainbow MSI ソリューションは、ボタンにタッチするだけで、絵画の下絵や犯罪現場の証拠など、目に見えない特性を被写体から正確かつ非侵襲的に分析することができます。新たに設計された自動化技術により、完璧な画像スタック、再現性のある画像シーケンスを生成することで、迅速かつ効率的に正確で信頼性の高い結果を得ることができ、学術研究その他の法医学目的のために全世界で共有することができます。

PhaseOneは、MSI プロジェクト専門家との長年に渡る協力関係から、最良の方法に基づいたワークフローを備えた、フレキシブルなMSI ソリューションを開発しました。革新的なRainbow MSI ソフトウェアは、業界標準のUSB接続を介してプロセスを自動化し、すべてのコンポーネントをコントロールします。
このコントロールには、以下の内容が含まれます。
             
          • カメラのフォーカス
          • フィルターホイールの回転によるフィルター変更
          • 正しい順序とタイミングでのライトのオン/オフ
          • 画像の位置合わせ
          • 完璧な画像スタックの作成など

PhaseOne iXG 100MPワイドスペクトルカメラシステムは、特殊なフィルターマルチバンドおよびナローバンドLEDライトを組み合わせて使用しており、紫外から可視光、赤外光の波長までのスペクトルを選択して撮影することができます。 LEDライトを使用することで、非破壊的で低エネルギーの光のみが被写体に照射されます。カメラの前にあるフィルターホイールは、特定の光の波長からの反射画像と誘起発光画像、両方の撮影をサポートしています。


【PhaseOne Rainbow MSI ソリューション による 柔軟なアプリケーションを提供】

幅広いMSI アプリケーションに対応するために、次の ライト 構成から 1 つまたは両方を選択できます。
  • マルチバンド、 Dedo ライト 構成
大英博物館がEU パートナーと共同で開発した「Charisma」マニュアルに準拠した画像スタックを生成する撮影・処理のプリセットが用意されています。この方法は、主に表面が多色画の視覚的分析として、保存修復作業、絵画、壁画、織物の分析、または犯罪現場分析などで使用されます。
Charisma について
https://research.britishmuseum.org/research/research_projects/all_current_projects/charisma.aspx
  • ナローバンドと Eureka ライト構成
一般的に科学的・統計的手法を用いた後処理で画像解析を適用し、劣化・破損した文書の解読などに使用されます。ナローバンド構成では、最大25枚の画像スタックをキャプチャし、後処理で解析ソフトウェア(Paleo Toolbox、ImageJ、MatLabなど)で分析することができます。
iXG_thumbnail_image001.jpg

【MSI撮影のお客様と用途】

MSI撮影の応用分野や被写体は急増してきています。お客様には以下のような方々がいらっしゃいます。
  • 羊皮紙や巻物、紙の文献などを分析している図書館員やコレクター。
  • キャンバス、木、石、繊維、その他の素材に描かれた絵画などの多色画を分析する博物館や保存機関のアーカイブ、研究者。一般的な用途としては、保存作業計画や真贋判定のための非侵襲的分析です。また、MSI は、あらゆる種類の布地の分析に使用することができます。用途の一つは、素材の年代や性質を判定するための歴史的研究です。
  • 法執行機関が法的文書、パスポート、紙幣などの対象物の調査や、犯罪現場を分析したりすることで、材料、残留物、体液などの痕跡を発見することができます。材料、残留物、体液などの痕跡を発見することができます。
  • 材料の特性評価と選別を行う産業用途として、品質保証、新素材の研究開発、マシンビジョン用の分析などがあります。

iXGカメラシステムは、付属のカメラシステムは、付属のUV/IRUV/IRカットフィルターをレンズのマグネットフィルターホルダーに取りカットフィルターをレンズのマグネットフィルターホルダーに取り付けるだけで、通常のデジタル化作業にも対応できるように設計されています。使用可能なレンズは、Schneider Kreuznach RS 72mm と120mmです。
PhaseOne iXGワイドスペクトルカメラの1億画素の解像度と色再現性は、文化遺産業界の画像規格(Metamorfoze、FADGI、ISO19264)に準拠した優れた画質を実現しています。システムのCMOSセンサーは、高速で正確なライブビューを提供、位置決めと撮影を行います。

【各種資料】

PhaseOne MSIソリューションの詳細については、下記リンクをご覧ください。
https://www.phaseone.com/en/Cultural-Heritage/Camera-Systems/iXG-Camera-Solutions

 関連メディア


超高解像度 1億5000万画素 1眼レフカメラシステム
ドローン対応点検・検査向け1億画素デジタルカメラ
マシンビジョン向け高解像度1億5000万画素中判カメラシステム
PhaseOne社 文化遺産デジタルアーカイブ向けiXH 1億5000万画素カメラシステム

PhaseOne社 PhaseOne Rainbow(マルチスペクトルイメージング)
PhaseOne社 2億8000万画素(280MP)の航空撮影ソリューション
オブリーク航空カメラシステム「PAS 880」 PhaseOne社
・ドローン用超高解像度カメラシステム「P3ペイロード」発表

レンタル可能!フェーズワン社高画素カメラ 導入検討のお客様へ


PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~橋梁編~
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~鉄道橋編~
PhaseOne社 1.5億画素カメラ活用事例 ~風力発電編~
1.5億画素高解像度カメラで実現する<ひび割れAI解析ソリューション>
ジェピコと日立システムズが大ピラミッド内部の高精度3次元モデル作成に成功

日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化

【お問合せ先】

製品やこの記事に関するご質問はこちら

問合せ窓口:土屋(03-6362-0336)、石川(03-6362-0369)
上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
Email : jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!
youtube  
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加