お問い合わせお問い合わせ
ダウンロード資料
ダウンロード

ジェピコメディア

  1. TOP
  2. ジェピコメディア
  3. メーカー情報 MicaSense 無人機 Pix4D センシング/IoT
  4. MicaSense社マルチスペクトルカメラ よくある質問集

MicaSense社マルチスペクトルカメラ よくある質問集

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MicaSense社マルチスペクトルカメラ よくある質問集

このページでは、農業用マルチスペクトルカメラ MicaSense社製品に関するよくあるご質問についてまとめさせていただきました。お問合せいただく前にご確認いただけますと幸いです。下記リストに記載が無い場合は、弊社までお問合せください。

目次

 会社概要
 製品情報
 活用方法
 購入関連

会社概要

・MicaSense社はどんな会社ですか?

MicaSense社はアメリカ(シアトル)に本社を置く、農業用マルチスペクトルカメラの開発・販売を行うエンジニアリングカンパニーです。2014年に設立されて以来、ドローンに搭載可能な高品質なセンサーを提供する会社として急速な成長を遂げてきました。

MicaSense社マルチスペクトルカメラによるリモートセンシング技術は、農作物の活力測定に革新的な手法を提供します。ドローンを用いて植生指数NDVIやNDREなどの情報を得ることが可能で、日々の植生状況の変化を管理、または疫病や害虫の発生の早期発見・収穫量の予想などを行い、収穫量の最大化を実現します。

詳細はこちらをご参照ください。

製品情報

・製品ラインナップを教えてください。

MicaSense社マルチスペクトルカメラにはRedEdge-P / ALTUM-PT の2種類ラインナップがございます。どのセンサーも狭帯域の5バンドを同時撮影します。
各製品に関してはこちらからご確認ください。

・MicaSense社マルチスペクトルカメラを使用するメリットを教えてください。

MicaSense社の提供するマルチスペクトルカメラは、上空120mからの空撮においてRededge-Pで4cm/pixel※1Altum-PTで2.49cm/pixel※1の解像度で撮影ができ、植生指数(NDVI、NDRE)等、各種インデックス画像や、RGB(カラー)画像を一度のフライトで取得します。またGPSが内蔵された高度な照射度キャリブレーションを可能にするDLS2(照射度センサ)が付属します。照射強度だけではなく太陽の角度も測定し、最先端の技術で更に正確で信頼性の高いデータを提供します。

※1: パンクロマチックセンサによる処理を行った場合の解像度です。

・どのようなドローンに取り付け可能でしょうか?

DJI社のドローンに取り付け可能です。Inspire2 / M100 / M600 / M200・M210シリーズ / M300に専用のマウントキットの販売がございます。国内メーカー様のドローンへの取り付けについては、取り付け部分を自作していただく必要がございます。

活用方法

・撮影条件はありますか?

ベストな撮影条件は曇りの日の正午あたりの時間帯になります。影が出てくる時間帯ですと画像に影が映り、画像処理が上手くいかないことがございます。

・ドローン搭載以外の用途で使用できますか?

MicaSense社マルチスペクトルカメラにはレンズが5つありますので、焦点距離の影響で最低でも撮影距離50mが必要になります。基本的にはドローン搭載用でのご使用をご検討ください。

・サンプルデータを見せていただくことはできますか?

こちらからRedEdge-MXで撮影された水耕栽培のデータセットをご覧いただけます。

・NDVI(正規化植生指数)以外に取得できるデータはありますか?

NDVI(正規化植生指数)の他、NDRE(正規化レッドエッジ指数)、DSM、PRI(Photochemical Reflectance Index)、ARI (Anthocyanin refrectance Index)、ARVI (Atmospherically Resistant Vegetation Index)など様々なデータを取得できます。

・リアルタイムで植生指数(NDVI)などを見れるのでしょうか?

リアルタイムで見ることはできません。MicaSense社マルチスペクトルカメラで撮影した後、SfM(Structure from Motion)ソフトウェアで画像処理を行います。SfMソフトウェアは弊社からPix4D社(正規代理店:株式会社イメージワン)のものをご提供可能です。
Pix4D社(正規代理店:株式会社イメージワン)の詳細はこちらをご参照ください。

・ドローンに搭載する撮影のため画像がブレてしまうことは無いのでしょうか?

5バンド全てのレンズがグローバルシャッターのため、ブレることはほぼございません。固定ジンバルでサーボジンバルを用いずに使用しているお客様も多いです。

購入関連

・製品価格はいくらでしょうか?

MicaSense社マルチスペクトラルカメラの機種と搭載するドローンによって価格が異なりますので、こちらからお問合せください。

・貸出はしていますか?

お貸出については別途こちらからお問合せ&ご相談ください。

お問合せ:


詳細な説明をご希望の方は下記よりご連絡ください。

株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
   ※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
    担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:jepico_HSP@jepico.co.jp 

最新情報更新中!

 

関連記事:

MicaSense社マルチスペクトルカメラ RedEdge-Pの詳細情報は、こちらをご参照ください。
MicaSense社マルチスペクトルカメラ ALTUM-PTの詳細情報はこちらをご参照ください。


MicaSense社についてはこちらをご覧下さい。

関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
 ・弊社はMicaSense社のプレミアムパートナーに選ばれております
 ・新製品「RedEdge-MX Blue」リリースのお知らせ

事例紹介:
 ・MicaSense社マルチスぺクトラルカメラを利用した沿岸部の植物や藻類の育成状況の調査提案

 ・デュアルカメラシステムの活用例
 ・病気の早期発見におけるレッドエッジバンドの重要性 ”カンザス州 冬小麦における事例紹介”
 ・Rededge-MXの活用事例:水面植物(アサザ)編
 ・Rededge-MXの活用事例:クロロフィルマップによる真菌の特定編
 ・RedEdge-MXの活用事例:窒素管理による冬小麦の収穫量最大化
 ・RedEdge-MXの活用事例:大豆生産農場における陶管の位置特定
 ・デュアルカメラシステムの活用事例:ミント栽培における有害雑草の検出
 ・RedEdge-MXの活用事例:森林における雹(ひょう)の被害調査

インテグレーション説明:
 ・RedEdge-MXカメラのDJI社Inspire2への取付け方法

ソフトウェア説明:
 ・Atlasデータクラウドでマルチスペクトラルカメラの画像処理をしてみましょう!【植生指数(NDVI)表示】
 ・Pix4D mapper上での処理方法について

撮影データセット:
 ・MicaSense社マルチスペクトラルカメラで撮影した水耕栽培データを公開いたします!

セミナー動画:
 ・MicaSense社マルチスペクトルカメラ×Pix4D fields オンライン共同セミナー動画を限定公開いたします!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加