MicaSense

MicaSense
MicaSense
MicaSense
MicaSense

MicaSense

MicaSense(マイカセンス)社は2014年に設立されて以来、ドローンに搭載する高品質なセンサーを提供する会社として急速な成長を遂げてきました。本社は米国シアトルに存在しており、精密農業の分野で貢献する熱意を持った農業と光学のエキスパートが在籍するエンジニアリングカンパニーです。MicaSense社のマルチスペクトルカメラによるリモートセンシング技術は、農作物の活力測定に革新的な手法を提供します。ドローンを用いて植生インデックスNDVIやNDREなどの情報を得ることが可能です。これにより、日々の植生状況の変化を高解像度での管理、または疫病や害虫の発生の早期発見・収穫量の予想などが行うことができ、収穫量の最大化を実現します。

事業領域


製品分類

RedEdge-P(Standalone/PSDK)

RedEdge-P(Standalone/PSDK)は高解像度マルチスペクトル画像の取得が可能でパンクロマチックセンサが付属した唯一無二のマルチスペクトルカメラです。

RedEdge-MXの2倍の空間分解能である2cm/pixel@高度60mを誇ります。各160万画素のマルチスペクトル画像を5バンド取得可能で、パンクロマチック画像は510万画素になります。 植生指数(NDVI、NDRE)、各種インデックス画像や高解像度RGB(カラー)画像を一度のフライトで取得します。

PSDK版は、DJI社PSDK対応機種(M200シリーズ、M300 RTK)のDJI SkyPortに接続が可能なモデルです。
RedEdge-P(Standalone/PSDK)

ALTUM-PT(Standalone/PSDK)

ALTUM-PTは狭帯域で高解像度のマルチスペクトルバンドの取得に加え、従来のALTUM製品と同様に熱赤外画像の取得も可能なハイエンドモデルのマルチスペクトルカメラです。

また新たにパンクロマチックセンサが付属しており、MicaSense社ラインナップの中でも最も優れた性能を持つセンサです。 ALTUM-PTはパンシャープンをすることで1.2cm/pixel@高度60mの空間分解能となります。 また320 x256のFLIRセンサが組み込まれており、従来のALTUM製品の2倍の地上解像度である17cm/pixel@高度60mで熱赤外マップを作成できます。

PSDK版は、DJI社PSDK対応機種(M200シリーズ、M300 RTK)のDJI SkyPortに接続が可能なモデルです。
ALTUM-PT(Standalone/PSDK)

キーワードでさがす

メーカーから探す