お問い合わせお問い合わせ
ダウンロード資料
ダウンロード

ジェピコメディア

  1. TOP
  2. ジェピコメディア
  3. 医療 物流 SpotSee
  4. 【SpotSee社】コロナウイルスワクチン輸送に使用可能な温度管理インジケーター【WARMMARK】

【SpotSee社】コロナウイルスワクチン輸送に使用可能な温度管理インジケーター【WARMMARK】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【SpotSee社】コロナウイルスワクチン輸送に使用可能な温度管理インジケーター【WARMMARK】

目次

 はじめに
 低コストの温度管理ソリューション
 コロナウイルス輸送に使用最適なWARMMARK製品ラインナップ
 コロナウイルス輸送におけるSpotSee製品の検討状況
 関連記事

はじめに

コロナウイルスワクチンを全世界78億人に提供することは、サプライチェーンの限界を超えるという困難な課題でもあります。ワクチン輸送における温度管理要件は、航空機等でのワクチン輸送中とワクチン接種場所である医療機関での保管とで異なります。ワクチンは、その効果を維持するために適切な温度に保つ必要があります。

もしそれらが温度上昇によって損傷した場合でも見た目の変化や兆候に気づくことは非常に難しいです。これから紹介するSpotSee社温度管理製品はそのような課題を解決することができ、コロナウイルスワクチン輸送を手助けすることができます。

低コストの温度管理ソリューション

2021年3月現在コロナウイルスワクチンが世界中に出荷され始めました。輸送中にコロナウイルスワクチンの温度モニタリングは確実に行わなければなりません。

SpotSee社の提供するWARMMARK(ウォームマーク)製品は、温度閾値を設定でき更におおよその温度逸脱経過時間を知らせる、必要な全ての情報を提供可能な低コストのソリューションです。WARMMARK製品はデータロガーではありませんが、使い捨てタイプで不可逆構造のため、コロナウイルスワクチン輸送において優れた選択肢となります。

コロナウイルス輸送に使用最適なWARMMARK製品ラインナップ

現在コロナウイルスワクチンは-20℃以下で輸送・保管され、最終的に2~8℃で最大7日間保管することが可能です。このサプライチェーン全体を監視するために、WARMMARK製品を適用することが可能です。

現在SpotSee社が提供するWARMMARK製品には以下温度閾値と経過時間の製品ラインナップがございます。


閾値温度を上回ると徐々に製品の窓が赤く変色していきます。
中でもコロナウイルスワクチン輸送に最適なWARMMARK製品は温度閾値-18℃品または8℃品になります。
WARMMARK製品の詳細はこちらをご参照ください。

コロナウイルス輸送におけるSpotSee製品の検討状況

現在以下の通り、各社へSpotSee社温度管理製品を提案中で製品評価テストが始まっています。


引用:https://spotsee.io/applications/covid-19-vaccine-monitoring

温度管理インジケーターのWARMMARK製品は低コストで、複雑な構成を必要としないため誰でも簡単に使用することができます!
またバッテリーやその他環境に有害な物質がないため、臨床医や医療従事者がいる場所への1way輸送に最適です。

WARMMARK製品のコロナウイルスワクチン輸送の詳細記事はこちらをご参照ください。

製品に関するご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください!

関連記事

・SpotSee社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
 ・ショックウォッチラベルで輸送中のトラブル削減!無償サンプルでお試しください!
 ・重量貨物向けの落下検知に最適!SpotSee社SHOCKWATCH2のご紹介【衝撃検知】
 ・転倒・横積み・傾斜検知に最適!SpotSee社TILTWATCH製品のご紹介
 ・重量物向け・繰り返し使用可能!SpotSee社 衝撃検知製品MAG2000のご紹介
 ・スマートフォンで簡単に確認!衝撃検知レコーダーSpotBot BLEについて
 ・リアルタイム通信で記録を確認!衝撃検知レコーダーSpoBot Cellularについて

新製品情報:
 ・検体・医薬品輸送に最適!温度管理製品について
 ・【温度管理製品】SpotSee社新製品リリースのお知らせ【検体輸送】
 ・SpotSee社SHOCKWATCH RFID製品リリースのお知らせ

活用事例:
 ・
自動認識技術の発展とSHOCKWATCH RFIDによる資産管理
 ・COVID-19ワクチン輸送におけるSpotSee社WARMMARK製品の活用
 ・RFID技術によるサプライチェーン監視の変革

使用方法:
 ・SpotSee社WARMMARK製品の使用方法
 ・
SpotSee社ショックウォッチラベルの使い方と選定方法
 ・SpotSee社ティルトウォッチの使用方法【TILTWATCH XTR】

お問合せ

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
 担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:shockwatch@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加