お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアSpotSee【SpotSee社】RFID技術によるサプライチェーン監視の変革

【SpotSee社】RFID技術によるサプライチェーン監視の変革

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【SpotSee社】RFID技術によるサプライチェーン監視の変革

目次

 はじめに
 RFIDとは?
 サプライチェーンにおけるRFID技術
 RFID技術と衝撃検知
 SHOCKWATCH RFIDを使用するメリット
 関連記事

はじめに

一般的に製造業などのサプライチェーンにおいて、製品をある場所から別の場所に輸送しなければならないことが必ず起こります。複雑なサプライチェーンでは製品の開発、組立ごとに場所を移動させ、場合によっては国から国へ移動し、最終的にエンドユーザーに提供するために更に複数の場所を輸送することもあります。製品を運ぶ輸送業者にとって指定された輸送を完了することが目的となるため、時々製品が損傷してしまう、または紛失してしまうことも起こります。

こちらの記事では、このような製品の損傷や紛失を防ぐために画期的なRFID技術によるサプライチェーン監視についてご紹介します。

RFIDとは?

RFID(Radio-Frequency Identification)タグは、これまでのプロセスを自動化することにより複雑なサプライチェーンを簡素化します。

RFIDタグは主にアンテナ・受信機/送信機・メモリの3つの部品で構成されています。リーダーの信号から送られるエネルギーを利用して電力供給されるためバッテリーは必要ありません。バッテリーを無くすことで、コストとサイズが削減され、環境温度と貯蔵寿命を心配する必要がありません。

RFIDタグはスーパーマーケットにある製品に見られるようなバーコードと同じように機能します。バーコードは機械可読形式で製品に関するデータが含まれています。RFIDタグ、バーコードどちらも自動識別とデータ撮影の方法であり、対象製品が識別されデータが収集されてからコンピュータシステムに入力されます。


例えば、製品を購入する時にはバーコードがスキャンされ価格や製品の説明が表示されます。同様にRFIDタグの場合は、タグがスキャンされるとRFIDリーダーからの電磁エネルギーがトリガーとなり、収集されたデータをリーダーに送り返すように指令があります。この時バーコードとは異なり、RFIDタグは可視性を必要としないため製品に埋め込んだりすることができますまたリーダーによって一度に大量のデータ読み込むことも可能なため、作業効率をアップさせます。

サプライチェーンにおけるRFID技術

RFID技術は在庫を最初から最後まで自動的に追跡し、ユーザーが対象製品の場所を把握することが可能なため、物流業界でも役立ちます。エンタープライズリソースプランニング(ERP)または倉庫管理システム(WMS)と統合するとリアルタイムで情報を受け取ることも可能になります。個々のパレットを手作業で見つけて記録しようとすると、リソースを大量に消費し費用のかかる手作業が必要になります。すべてを手作業で行うため時間に加えて、人的エラーのリスクも高まります。RFID技術による正確で迅速な自動化プロセスにより、在庫管理に必要な時間が大幅に短縮され、より効率的なサプライチェーンを構築し余分なコストが排除されます。

ただし、RFIDタグだけでは製品の状態まではわかりません。温度や衝撃を監視する技術と組み合わせると、製品の状態まで把握することが可能になります。



RFID技術と衝撃検知

物流における問題の1つは損傷です。医療機器、電子機器、電化製品、家具など様々な製品で発生する可能性があります。適切な検査を行わないと、損傷している製品が通過するチェックポイントで見過ごされ、更に損傷が悪化してしまう可能性があります。場合によっては、損傷が明らかになるまで数か月かかることがあり、実際に損傷が製造業者の責任ではない場合でも保証する必要性が生じてしまうことがあります。製造業者は製品の修理・交換を負担することになり、時間と費用のリソースを犠牲にします。問題が継続的に見過ごされている場合は、製造業者の収益とブランド評判に大きな損害を与える可能性もあります。

既にサプライチェーン内のどこで損傷が発生しているかを理解するために、衝撃検知製品を導入している企業もあります。通常、損傷を与える可能性のある衝撃閾値を選択し色が変化するインジケーターなどの視覚的な手がかりを使用して、損傷の可能性があることを輸送業者に警告することで機能します。

RFID技術による追跡と衝撃検知インジケーターを組み合わせることで、サプライチェーンの損傷を診断するための包括的なシステムが構成されます。サプライチェーンのチェックポイントで通過する製品を単に識別するのではなく、衝撃検知を備えたRFIDタグにより損傷有無の確認が必要な製品を自動的に見つけて区別します。

衝撃検知インジケーターは貨物を受け取った輸送業者に損傷を警告し、衝撃有無のデータを管理する必要があります。
しかし、誤って報告されたり報告されない可能性もあるため、適切な製品損傷の責任を明確にすることが困難になります。
一方RFIDリーダーは、タグを読み取ると永続的で変更不可能なデータをログに記録します。ユーザーは、製品がいつどこで損傷したか、誰が損傷させたかを明確に把握できます。何千ものタグを追跡目的で読み取り、数秒以内に衝撃有無を確認できます。



SHOCKWATCH RFIDを使用するメリット

SpotSee社のSHOCKWATCH RFIDは、パッシブ型RFID技術により、RFIDリーダーからのエネルギーによってデバイスに電力を供給することができます。つまり、バッテリーの寿命が問題になることはありません。インジケーターの要素も生かし輸送業者への抑止力としても機能します。

長い間RFIDタグとリーダーは、サプライチェーン管理・在庫管理の改善において重要な役割を果たしてきました。衝撃管理ソリューションと組み合わせることで、製品損傷による損失を軽減し、コストを削減、そしてより効率的なサプライチェーンを構築します。

SpotSee社のRFIDソリューションをぜひご検討ください。

関連記事

・SpotSee社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
 ・ショックウォッチラベルで輸送中のトラブル削減!無償サンプルでお試しください!
 ・重量貨物向けの落下検知に最適!SpotSee社SHOCKWATCH2のご紹介【衝撃検知】
 ・スマートフォンで簡単に確認!衝撃検知レコーダーSpotBot BLEについて
 ・リアルタイム通信で記録を確認!衝撃検知レコーダーSpoBot Cellularについて

新製品情報:
 ・検体・医薬品輸送に最適!温度管理製品について
 ・【温度管理製品】SpotSee社新製品リリースのお知らせ【検体輸送】
 ・SpotSee社SHOCKWATCH RFID製品リリースのお知らせ

活用事例:
 ・
自動認識技術の発展とSHOCKWATCH RFIDによる資産管理
 ・COVID-19ワクチン輸送におけるSpotSee社WARMMARK製品の活用

お問合せ

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
 担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:shockwatch@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加