お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアSpotSee自動認識技術の発展とSHOCKWATCH RFIDによる資産管理

自動認識技術の発展とSHOCKWATCH RFIDによる資産管理

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動認識技術の発展とSHOCKWATCH RFIDによる資産管理

目次

 はじめに
 1.RFID技術による作業効率化
 2.ヒューマンエラーの排除
 3.安全性の向上
 4.トレーサビリティの向上
 5.リアルタイムでの生産データへのアクセス
 6.衝撃による損傷有無の確認
 まとめ

はじめに

2020年から2025年までの間に、世界の自動認識業界は約15%の年平均成長率(CAGR)になるだろうと予想されています。この成長に大きく貢献する1つの理由として、無線通信を用いた自動認識(RFID)技術があります。サプライチェーンにおけるRFID資産管理は常に増加しています。安価なパッシブ型(バッテリーを搭載していない)RFIDタグにより、RFID技術によるサプライチェーンの監視を簡単に実現できるようになりました。特に製造業における品質管理/資産管理/セキュリティ/生産ライン管理などのプロセスではRFID技術が既に多く利用され、業務改善が進んでいます。こちらの記事では、製造業におけるRFID技術を用いて資産管理をするメリットを説明いたします。

1.RFID技術による作業効率化

バーコードスキャンとは異なり、RFIDタグは個々にスキャナーで読み取る必要はありません。自動認識(AIDC)テクノロジーに依存しています。各資産には無線信号を送信するRFIDタグが付いています。無線信号はアンテナによって受信され、アンテナが信号を読み取りリーダーに送信します。
信号をデコードする読み取りリーダーは、壁に固定するタイプやハンドヘルド(携帯式)で使用可能なタイプなどがあり、無線信号は離れた場所から受信できるため資産(管理対象の製品)を一度に複数、自動的にスキャンできます。これにより、一つ一つ読み取る作業が無くなり、無駄な時間と労力を減すことに繋がります。

2.ヒューマンエラーの排除

製造業界は、ヒューマンエラーが最も発生しやすい業界です。これは製造工程内に可動部品が多いためです。GE デジタル社とServiceMax社の調査によると、製造業における計画外の稼働停止期間のうち、23%は人為的ミスが原因であることが明らかになりました。
RFID技術による資産管理システムは自動化されているため、管理したい資産を自動識別し、自動でデータを収集して送信します。人的介入がほとんどないため、人為的ミスを排除し従来の方法より効率的になります。稼働停止期間による生産への影響やコストを気にせず、より正確な製造が可能になります。



3.安全性の向上

従業員の安全は、製造業者にとって最大の懸念事項の1つです。危険な化学物質が使用されている場合など、製造業の従業員は多くのリスクに直面しています。このような点でもRFID技術による資産管理が役立ちます。生産の最も危険な段階で、データのデジタル収集と資産追跡をすれば、従業員が危険な化学物質に近づいたり、危険な温度にさらされる必要はありません。更にRFIDタグによって収集されたデータは、潜在的な危険を従業員に知らせる手がかりになるため、予防措置を講じることも可能になります。

4.トレーサビリティの向上

運用効率と品質保証を向上させるために、製造業においてトレーサビリティが重要です。トレーサビリティとは、製造工程のすべての部品と製品を常に追跡可能にする状態のことです。トレーサビリティの主なメリットの1つは問​​題が発生した場所を簡単に特定することができることです。パッシブ型RFIDタグを使用したトレーサビリティにより、生産プロセス全体を明確に把握できるため、問題のある場所を特定できます。

5.リアルタイムでの生産データへのアクセス

製造中は在庫数量を追跡し滞りなく生産することが重要です。在庫を追跡するための手動レポートの使用は前時代的であり、非効率的であるといえます。RFIDタグによる追跡はデータをデジタルで収集して送信するため、リアルタイムで情報にアクセスすることができます。これにより、在庫がなくなる前に必要な手配を行うことが可能です。



6.衝撃による損傷有無の確認

生産性、安全性、およびデータ収集の改善に加えて、一部のパッシブ型RFIDタグは製品または材料が損傷している可能性があるかどうかを通知することができます。例えば、SpotSee社が提供するSHOCKWATCH RFIDには衝撃検知機能が組み込まれています。RFIDタグをスキャンすると、SHOCKWATCH RFIDは損傷している可能性がある衝撃有無を報告し、問題が大きくなる前に解決することができるようになります。



まとめ

製造業のRIFD技術による資産管理は多くのメリットを提供します。特にSpotSee社が提供するSHOCKWATCH RFIDのような衝撃検知インジケーターを備えたパッシブ型RFIDタグを使用することで、大切な資産の損傷を減らすことも可能になります。RFID技術を取り入れ、サプライチェーンの監視/資産管理をしてみませんか?

SpotSee社SHOCKWATCH RFIDの詳細はこちらをご参照ください。

 

関連記事

・SpotSee社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
 ・ショックウォッチラベルで輸送中のトラブル削減!無償サンプルでお試しください!
 ・重量貨物向けの落下検知に最適!SpotSee社SHOCKWATCH2のご紹介【衝撃検知】
 ・スマートフォンで簡単に確認!衝撃検知レコーダーSpotBot BLEについて
 ・リアルタイム通信で記録を確認!衝撃検知レコーダーSpoBot Cellularについて

新製品情報:
 ・検体・医薬品輸送に最適!温度管理製品について
 ・【温度管理製品】SpotSee社新製品リリースのお知らせ【検体輸送】
 ・SpotSee社SHOCKWATCH RFID製品リリースのお知らせ

事例紹介:
 
COVID-19ワクチン輸送におけるSpotSee社WARMMARK製品の活用

 

お問合せ

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
 担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:shockwatch@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加