お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアメーカー情報Anemoment【比較】Anemoment社製3次元超音波風速計のフラットタイプ・パイプマウントタイプの違い

【比較】Anemoment社製3次元超音波風速計のフラットタイプ・パイプマウントタイプの違い

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【比較】Anemoment社製3次元超音波風速計のフラットタイプ・パイプマウントタイプの違い
こちらの記事では、Anemoment社製3次元超音波風速計"
TriSonica Mini Wind and Weather Sensor"のフラットタイプ・パイプマウントタイプの違いについて解説しています。

目次

1. はじめに
2. 比較
3. 実際の選択
4. まとめ
5. 関連記事
6. 問い合わせ先

1. はじめに

Anemoment社製TriSonica Mini Wind and Weather Sensorは、超小型軽量の3次元超音波風速計です。そのコンパクトさながら、風速だけでなく風向、気温、湿度、気圧、傾き、方位を測定する機能をもっています。本センサにはフラットタイプ・パイプマウントタイプの2種類があり、使用方法やアプリケーションによって、適切なタイプの選択が必要です。実際の選択において重要なポイントは①マウント形状の違い ②インターフェース ③複数センサの同期の要否となります。

2. フラットタイプ・パイプマウントタイプの比較

形状や機能の違いについては以下の通りとなります。

     Flat Type     Pipe-Mount Type  
 製品写真   height=  
 重さ    50g   60g 
  インターフェース   RS232C   RS-232, RS422, RS-485 ModBus,  
 TTL-UARTから選択可能 
 マウント方法   センサ本体に取付ねじ穴あり(4か所) 


 パイプに取付 
 サイズ: standard ½” DIN15 Schedule  10 pipe
 または
 外径22mm カーボンフ ァイバーチューブ 


 










 信号線のタイプ    リード線直出し/ 簡単な差込タイプのコネクタ  
 三脚用アダプター     

*1 寸法図はこちらからダウンロードいただけます。

3. 実際の選択

■コネクタの形状
1)
フラットタイプ・パイプマウントタイプともに三脚取付用のアダプターがアクセサリとして販売されているため、三脚への取り付けをご希望の場合はどちらのタイプでも簡単に取付可能です。

2)
屋外の気象観測用途などでパイプを立ててセンサを取り付ける場合は、パイプマウントタイプがおすすめです。また、パイプマウントタイプには頑丈な防水コネクタが付いており、長時間風雨にさらされる厳しい環境下でも安心して使用が可能です。

3)
フラットタイプ・パイプマウントタイプどちらもドローンへの搭載が可能です。パイプマウントタイプについては頑丈なコネクタとケーブルの取付方法を考える必要があります。フラットタイプはリード線が本体から直接出ており、非常に軽量で細いリード線となります。ドローンなどへの搭載時にはケーブルの形状も選定基準の1つとなります。


■インターフェース
1)
フラットタイプはインターフェースのタイプがRS-232Cのみとなりますが、パイプマウントタイプはRS-232, RS422, RS-485 ModBus, TTL-UARTから選択が可能です。

2)
パイプマウントタイプについては特にRS-232, RS422, RS-485 ModBusが用意されていますので長距離のデータ転送を行う場合やPLCへデータ入力を行いたい場合に最適です。


■トリガー機能の有無
パイプマウントタイプのみトリガー機能を有しているため、複数台での時刻合わせが必要な場合はパイプマウントタイプが最適です。

4. まとめ

今回はフラットタイプ・パイプマウントタイプの違いを解説いたしました。製品を選定する際にご参考にしていただければ幸いです。選定方法にお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

5. 関連記事

【仕組みを徹底解説】3次元超音波風速計TriSonica Mini Wind and Weather Sensorの測定原理

【超小型・超軽量3D風速計】 Anemoment社製オールインワン天候センサのアプリケーション提案

ドローン向けセンサーの選び方! お探しのセンサー紹介します。

生産性を向上させより安全かつ快適な作業環境を目指す クレーン向けソリューション事例:3次元超音波風速計

【世界最小・最軽量】3次元超音波風速計取り扱い開始のお知らせ


6. 問い合わせ先

ご不明な点がございましたらお問い合わせフォームまたは担当者にご連絡ください。
お問い合わせフォームはこちら
製品担当:新規事業推進部 土渕
TEL: 03-6368-5978(ダイヤルイン)
※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりお願いいたします。

最新情報更新中!
 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加