お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアPFLITSCHケーブルグランドとは~仕組み/用途 フリッチェ/PFLITSCH vol.1

ケーブルグランドとは~仕組み/用途 フリッチェ/PFLITSCH vol.1

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケーブルグランドとは~仕組み/用途 フリッチェ/PFLITSCH vol.1

ケーブルグランドとは ⇒⇒⇒ ケーブルを押さえる部品のこと。

■カタログダウンロード
高品質ケーブルグランド:UNI DICHT
最先端高機能・高コスパ:ブルーグローブ
EMC対策ケーブルグランド:ブルーグローブTRI
メンテナンスをカンタンに:スプリットタイプ
高衛生ケーブルグランド:クリーンプラス
防爆規格認証ケーブルグランド:ATEX/EX
鉄道車両火災安全性規格EN45545-2:Fire Protection


■役割
振動によるケーブルの揺れ・ぶらつきを防止したり、引張強度を向上させたり、また、ケーブルの抜けを防止する。 接続部分のシーリングによって、水や粉塵の侵入を防止する。

■使用場所
制御盤など、様々な機器・装置のケーブル取り出し口。


■基本構造
一般的なケーブルグランドの構造部品は、ケーブルグランド本体、シーリングインサート、ネジの3点。

                         写真:PFLITSCHユニディヒトシリーズ

■重要なポイント
その1
過度な締め付けはケーブルにダメージを与えてしまいます。
適切なトルクでしっかりケーブルを固定・保持し、かつ、ケーブルを凹ませないことが重要です。

その2
機器への水・粉塵の侵入を防ぐ、シーリングインサートの性能は要となります。

その3
装着・脱着のしやすさ、機械の稼働中にもメンテナンスが可能か、また仕様変更によるケーブル外形の変更に適応できるかなど、使用先の想定により選定基準が変わります。
>>>分割可能で後付け・取付が容易なケーブルグランド

その4
ケーブルグランドによる機能向上(EMC対策)も可能です。
>>>EMC対策・ノイズの減衰性を高めるケーブルグランド

その5
市場により異なる特殊な規格や厳しい環境への対応も可能です
>>>衛生環境・高い清掃性が求められる場合
>>>鉄道市場・火災安全規格EN45545-2規格対応が求められる場合
>>>爆発の危険が伴い防爆規格対応が求められる場合



■アプリケーション

• 鉄道市場 >>火災安全EN45545-2規格
• 化学産業/オイル・ガス >>ATEX/Ex防爆規格
• 電気産業
• エネルギー産業;発電所建設、太陽光・風力発電
• 食品製造・加工 >>衛生標準EHEDG
• 医薬品製造 >>衛生標準EHEDG
• 産業機械、機器・乗物製造機械 >>EMC対策
• ロボット・オートメーション製造装置  >>EMC対策
• 通信  >>EMC対策

■連載記事

連載記事
~市場別製品紹介~
Vol.1 ケーブルグランドとは~仕組み/用途 PFLITSCH >本記事
~市場/機能別製品紹介~

Vol.2【最先端高機能&高コスパ】ケーブルグランド ブルーグローブ PFLITSCH
Vol.3【世界初】メンテナンスを劇的カンタンに!スプリットタイプ(分割型)ケーブルグランド PFLITSCH
Vol.4【世界最高峰ケーブルグランド】UNI Dicht: IP69K・張力特性・EMC対策・防爆 PFLITSCH
Vol.5【EMC対策!最高峰の減衰性をもつケーブルグランドとは?】ブルーグローブTRI PFLITSCH
Vol.6【食品加工・医薬品製造に!】高衛生標準EHEDG認証ケーブルグランド:ブルーグローブクリーンプラス PFLITSCH
Vol.7【耐環境:ガス・粉塵環境向け】防爆規格ATEX認証Exケーブルグランド PFLITSCH
Vol.8【99.9%のシールド率】最高峰EMCケーブルグランド PFLITSCH
Vol.9【鉄道車両火災安全性規格EN45545-2】難燃性ケーブルグランド Fire Protection PFLITSCH
Vol.10 ケーブルグランドのパイオニア:PFLITSCH

~ケーブルグランドの選び方~
Vol.11 ケーブルグランドの選び方①仕様 PFLITSCH
Vol.12 ケーブルグランドの選び方②部品 PFLITSCH
Vol.13 ケーブルグランドの選び方③使用環境 PFLITSCH
世界市場で戦う食品製造・加工メーカーを応援いたします


参考:PFLITSCH社ケーブルグランドの全ラインナップはこちら↓


>>>お問い合わせはこちら​

お電話でのお問い合わせは以下までご連絡ください。
TEL: 03-6362-1510​
インフラビジネス部 担当:鈴木

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加