お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアSCHUNKVol.7【SCHUNK/シュンク】生産性向上に向けたロボットハンドの軽量化とは?

Vol.7【SCHUNK/シュンク】生産性向上に向けたロボットハンドの軽量化とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.7【SCHUNK/シュンク】生産性向上に向けたロボットハンドの軽量化とは?

目次

 6. お問合せ

1. はじめに

重量の大きいワークを行う際や、複数のハンドを搭載する場合は
ロボットハンド自体の軽量化が求められます。
そのような環境下でもより効率的に作業を行う為に、SCHUNK社は最適なご提案が可能です。

2. 課題

 # ワーク重量が大きい
 # 一つのロボットに複数のハンドを搭載する
 # ロボットの可搬重量に制限がある
  
  ⇒ハンドの軽量化が求められる 


3. 他社製品との比較

トータル重量が小さくなることで、搬送可能なワーク量も増加します。

同把持力でのハンド重量比較例:
型式 把持力 ハンド本体重量
(1台あたり)
ハンド本体重量
(4台あたり)
他社 1600N 約5kg 約20kg
JGP160-1 1640N 2.6kg 10.4kg

  →→約10kg近くも、ハンド軽量化を実現できる!!

4. SCHUNK社紹介

1945年にドイツで設立されたSCHUNK社は、広範囲な製品群を使用しお客様の機械の潜在力をフルに発揮します。
クランピング技術と把持システムのエキスパートであるシュンクは、お客様の加工機や生産工程の可能性を最大限に活かす活動をしています。



5. 関連記事

~SCHUNK社 製品ラインナップ~

~課題別/SCHUNK社特長紹介~
 
Vol.7【SCHUNK/シュンク】生産性向上に向けたロボットハンドの軽量化とは?  →→→本記事
 
~工作機械の自動化~

6. お問合せ 

その他、詳しい情報・お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせは以下までご連絡ください。
TEL: 03-6362-0434(ダイヤルイン)
インフラビジネス部 担当:吉沢

※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
 担当者が不在の場合には、お手数ですがお問合せフォームよりお願いいたします。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加