お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアX-SpectrumX-Spectrum社 X線検出器 LAMBDA(ラムダ) のご紹介

X-Spectrum社 X線検出器 LAMBDA(ラムダ) のご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
X-Spectrum社 X線検出器 LAMBDA(ラムダ) のご紹介

はじめに

株式会社ジェピコはドイツに本社をおくX-Spectrum社との協業を開始し、国内の研究機関・大学・研究者様への拡販を開始致しました。世界各国で導入が進む同社の検出器システムで、「より早く・より大きく・より正確に。」 皆様の研究をさらに加速いただけます。

本ページにて、X-Spectrum社の主力検出器「LAMBDA(ラムダ)」の特性をご紹介いたします。

LAMBDAシステム概要と使用用途

・ピクセルサイズ 55μm^2
・センサ種類の選択度 (Si, GaAs, CdTe)
・Medipix3 読み出しチップ搭載 / 高速読み出し
・Charge Summing Mode搭載
・Open Source Libraryのソフトウェア
・研究用途に合わせたカスタムも可能

X-Spectrum社LAMBDAシステムは様々な特徴がありますが、その中でも選ばれている理由を記載致しました。
搭載チップMedipix3、世界最小55µm^2ピクセルを誇る同社のシステムは高分解能・高速な検出器となっており、主な使用先としてシンクロトロンが挙げられます。世界の科学者からの評判を集めており、以下分野で使用されています。

XPCS(X線光子相関分光法)
Time-Resolved Measurements(時間分解測定)
Ptychography(X線タイコグラフィー)
SAXS(X線小角散乱)
Diamond anvil cells and imaging(ダイアモンドアンビルセルイメージング)

LAMBDA センサの特性 Si, GaAs, CdTe

研究・実験の用途によって、3種類のセンサが選択可能です。それぞれ得意な検出エネルギー域がありますので、最適なセンサを選定いただけます。 複数センサを一つのシステムへ搭載した製品はありませんが、ご要望があれば相談可能です。

  Sillicon Sillicon GaAs CdTe
Thickness 300µm 500µm 500µm 1mm
Energy Range 6-25keV 4-25 8-75keV 8-150keV
Adjustable
Threshold Range
4-40keV  4-40keV 5-50keV 5-75keV

センサ:サイズの情報

LAMBDA搭載センサの2つ目の特徴として、Si, GaAs, CdTeのどのセンサに対しても、サイズを変更できる点が挙げられます。

最小:60K (256x256µm2、センササイズ:14x14mm2)
最大:10M (4608x2560µm2、センササイズ:260x175mm2)
計5つのサイズからお客様に合わせたご提案が可能です。
記載されていないサイズをご希望の場合はお問い合わせください。読み出し速度の参考値も併せて掲載します。

製品ラインナップ



※ご購入時は検出器制御用のパソコンなど、動作に必要な製品が付属されます。

【X-Spectrum社情報】
X-spectrum社概要    >>https://www.jepico.co.jp/products/search/product04/item_212
SPARTA(スパルタ)製品情報>>https://www.jepico.co.jp/media/X-Spectrum/a369 

【本製品に関するお問い合わせ】
https://www.jepico.co.jp/contact.html
株式会社ジェピコ スペースコミュニケーション&マーケティンググループ
担当:齊藤、川端
TEL: 080-5982-5203 (ダイアルイン)

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加