ジェピコメディア

    エレクトロニクス専門商社ジェピコジェピコメディア未分類【防衛市場向け 】インテルD-1508搭載VPX ボード VX3052

【防衛市場向け 】インテルD-1508搭載VPX ボード VX3052

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【防衛市場向け 】インテルD-1508搭載VPX ボード VX3052

<目次>

1. はじめに
2. VX3052の特徴
3. フロント
4. リア
5. Windriver (VxWorks) & JEPICO
6. お問合せ



1. はじめに

ドイツに本社を置くKontronは組込みコンピューティング技術のグローバル・リーダーとして最先端かつ信頼性の高いハードウェア、ミドルウェア、サービスの統合された製品を提供しています。今回はVPXの接続規格をもつ製品について紹介していきます。その中でもフランス拠点で設計・製造を行っておりますIntelプロセッサ搭載 3U VPXボードVX3052を紹介していきます。

2. VX3052の特徴

VMEの後継で、より高速な信号に対応できるVPX(ANSI/VITA46)規格に対応しています。インテルXeonD-1508を搭載した3Uサイズ、VPX規格のサーバーブレードです。8GBのECC付きDDR4メインメモリ、M.2スロットを搭載しており高い拡張性を備えています。また、ボード間データ転送としてx8 PCI express(Gen3)と10Gb KR Ethernet通信を持っており、高い拡張性を備えています。主要インターフェイスは以下の通りです。

 

3. フロント

1×USB2.0
1x RJ-45(10/100/1000BASE-T)(BIOS設定にてVPXリアへ配線することも可能です)
1x RJ-11(2×EIA-232もしくは1×EIA-485)
1×HDMIオプション( HDMI フロントI/Oモジュールと2Dグラフィック用のM.2メザニンを含みます)


4. リア

2×10GBASE-KR or 1000BASE-KX on P1
1×1000BASE-T(P1)、1×1000BASE-T(P2)(フロント/リアの切替え可能)
DVIポートオプション(2Dグラフィック用M.2メザニンを含む)

 

5. Windriver (VxWorks) & JEPICO

ハードウェアとOS(VxWorks)を同時に購入いただいたお客様には All-In-One サポートとしてOS とハードウェアを切り分けなく一括サポートします。お客様と同じ開発環境を構築しサポートを行い、開発工数削減を実現します。OSについてはVxWorksに精通したメンバーがサポートを行います。

6. お問合せ


詳細情報やご相談は、弊社お問い合わせフォームもしくは以下まで直接お問い合わせをお願い致します。

担当部門: ディフェンスアビエーション部 稲富、清水
連絡先 : 03-6362-0411 (部代表)
メール : dsg_system@jepico.co.jp

Twitterにて最新情報更新中!




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加