お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディア建機生産性を向上させより安全かつ快適な作業環境を目指す クレーン向けソリューション事例:3次元超音波風速計

生産性を向上させより安全かつ快適な作業環境を目指す クレーン向けソリューション事例:3次元超音波風速計

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生産性を向上させより安全かつ快適な作業環境を目指す クレーン向けソリューション事例:3次元超音波風速計

強風によるクレーンの転倒防止対策として、Anemoment(アネモーメント)社3次元超音波風速計 TriSonica™ Mini Wind & Weather Sensorをご紹介いたします。
クレーンの運用を行うにあたって、風による事故を防ぐことは、大きな課題となっています。特に高所では、予想以上に地上の風速より大きくなる傾向があり、上空の風速を的確にモニタリングすることができれば、クレーンの転倒事故を減らすことにつながります。
さらに、大型のクレーンにおいては”風の息”という風速、風向の揺らぎが共振を発生させることがあり、予想外の事故にもつながります。この風の変化の周期をモニタすることができれば、予想外の事故の発生を回避することができます。

本記事では、弊社が取り扱うAnemoment社製の風速・気象計測センサーの応用を提案させていただきます。小型軽量で可動部がなく、風速だけでなく、風向、気温、湿度、気圧、傾き、方位データも測定する万能小型風速計です。

2. Anemoment社について

Anemoment社は、コロラド州ロングモントにある気象計測機器の設計開発のスペシャリストです。
特にAnemoment社製の”TriSonica Mini Wind and Weather Sensor”は、手のひらサイズの大きさでありながら、大気モニタリング、天気予報、乱気流計算、生態研究に役立つ、各種センサをまとめた強力な製品です。そのサイズから持ち運びが容易であることはもちろんですが、可動部品を持たないため耐久性、メンテナンス性の上でも優れており、半永久的な設置にも向いております。Anemoment社は、特許取得済みのノイズ除去技術を有しており、「風を知る」方法をユーザー様に提供いたします。

3. TriSonica™ Mini Wind & Weather Sensorの特徴

 anemo_all.jpg
●コンパクト
→手のひらサイズ、9.1cm×9.1cm×5.2cm
●軽量
→ゴルフボールほどの質量、わずか50g
●低消費電力
→高効率で必要な電源は9-36VDC@30mAのみ
●高い保守性
→可動部品が無い安心設計

4. 製品詳細

● 風速最大50m/sまで計測可能
リアルタイムでエアーフローを3次元計測
●可変出力データレート1Hz/ 2Hz/ 5Hz/ 10Hz
●このセンサひとつで風速・気温・圧力・方位・空気密度・風向・湿度・三次元加速度の測定が可能
無償のGUIが提供されます。
 

詳しくはこちら

5. アプリケーション提案

本センサを使用したシステム構成を提案いたします。
従来から、安全のために”吹き流し”等を利用し、風速を監視する方法はありますが、自動で強風のアラートを出すことができません。
また、”風向の変化”や”風の息”といった事象を定量的に観測し、警報を上げるには、“TriSonica Mini Wind and Weather Sensor”のようなセンサでデジタルデータを取得し、コンピューターで演算の上で発報するシステムが不可欠です。

また、“TriSonica Mini Wind and Weather Sensor”は非常に小型で持ち運びが簡単、さらに防水、防塵機能を有しており、建築工事の現場での取付、移動が容易なシステム構築にも向いたセンサとなっています。

高層ビルの建築現場で利用可能な安全対策製品の開発をご検討される方は、一度ご相談ください。

anemoment_system.jpg

6. クレーン向けソリューション事例

-より安全で快適な作業環境をめざす-

課題:振動・衝撃に強く、よりクリアな画像を提供するバックカメラが欲しい
オラコ社 イーサネットカメラ
https://www.jepico.co.jp/products/search/product02/item_87
 
課題:作業者が疲れにくく、スムーズなレバー操作を実現したい
 
課題:振動衝撃に強く、太陽光下でも視認性の良いディスプレイが欲しい
グレイヒル社 ディスプレイ
-メンテナンス性を改善し、生産性の向上を目指す-

課題:摩耗性・耐久性の良いケーブルによってメンテナンス頻度を改善したい
エスエービー社 クレーンケーブル

https://www.jepico.co.jp/media/sab/a191

課題:ノイズに影響されずカメラ画像ので、CAN通信やイーサネット通信を実現したい

ムーグレコファ社 ケーブルドラム
 

その他、詳しい情報・お問合せはこちら


お電話でのお問い合わせは以下までご連絡ください。
TEL: 03-6368-5978​
新規事業推進部 担当:土渕

上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりお願いいたします。

最新情報配信中!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加