お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアADDERKVMスイッチとは? -テレワークのさらなる可能性を広げます-

KVMスイッチとは? -テレワークのさらなる可能性を広げます-

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KVMスイッチとは? -テレワークのさらなる可能性を広げます-

目次

KVM(キーボード、ビデオ、マウス)とは?
KVM 導入メリット
KVMの基本的なラインナップ 4種類

KVMが求められる場所とは?
ADDER社KVMソリューション
関連記事
カタログダウンロード
お問い合わせ


KVMスイッチとは?

KVMスイッチとは、ユーザーが複数のコンピュータやディスプレイを1セットのキーボード、ビデオモニタ、マウスでコントロールする事が可能なハードウェア機器であり、KVMはKeyboard, Video, Mouse の略です。1セットでコントロールすることにより各ハードウェア間の無駄な配線を減らし集約化によるコスト削減、広い卓上スペースを確保することが可能です。KVMスイッチはOSに依存しないため様々な環境下で利用されており、最新の機器では銅線、光ファイバー、インターネット回線を利用することにより、世界中どこからでもターゲットコンピューターをコントロールすることが可能です。

KVM製品の導入メリットとは?

著作物・個人データ・CADデータを外部に持ち出さずに編集する事が可能

具体的テレワークの提案例はこちら

遠く離れた場所や頻繁に出入りが困難な施設へのリモートアクセスが可能

サポートを終了したOS(例えばWindowsXP)や、古いPCでもリモートでアクセス可能なKVM提案例はこちら

高額な映像編集ソフトを複数人で同時シェアすることが可能

具体的提案例はこちら

④離れた場所から高解像度による外観検査を実現することが可能


E-Sportts会場での提案例はこちら

⑤離れた場所でも忠実にデータ・色を再現することが可能


具体的提案事例はこちら

OSを問わずに複数のコンピューターをスムーズにマウスを操作する事が可能

具体的な提案例はこちら

KVMのラインナップ 4種類


【KVMスイッチ】



KVMスイッチの機能として、左側は4つのターゲットPCに対し、ディスプレイとマウス、スピーカー、プリンター、スキャナーそれぞれ接続を分けており、右側は1つのターゲットPCに対し、ディスプレイとマウス、スピーカー、プリンター、スキャナー全てを接続しております。
KVMスイッチはOS及びバージョンを問わないため複数のPCの切り替えをスムーズに行うことができ、また不要な配線を減らし快適な作業空間を構築することを目指しております。

製品のラインナップはこちら

【KVMエクステンダー】 

4K解像度の画像を離れた場所で確認することが可能です。作業現場から数百メートル離れた場所にコンピューターを配置できるため、密の回避、不必要な移動の削減、セキュリティ性の強化、熱と騒音を低減した快適な環境が確保できます。

製品の詳細なラインナップはこちら

【KVMリモートアクセス】 

IPネットワークにより遠く離れた別の建物、都市、または国にあるコンピューターを制御します。 危機管理室およびバックアップ制御室との統合に最適です。1ユーザー対1コンピューターのみならず複数ユーザーによる複数のコンピューターをリモートで制御する事が可能です。


製品の詳細なラインナップはこちら

【KVMマトリクス】




複数のターゲットPCとユーザーを1つのプラットフォーム下で冗長・拡張機能を持たせることができ、コントロールルーム全体の柔軟性を向上させます。
製品の詳細なラインナップはこちら

KVMスイッチが求められる場所とは?



・放送局
映像制作(ポストプロダクション)
管制塔
中央指令室
コントロールルーム
・クリーンルーム
・病院・遠隔医療
サーバールーム
・大型プラント
・官公庁
・金融機関
E-Sportts

昨今のコロナ禍においてKVMスイッチが得意とするOSに依存しないリモートアクセス機能について、特に以下に環境下において注目されております。


リモートアクセスが求められる場所

・換気が悪い三密空間
・24時間監視区域
・防衛、金融、政府機関や官公庁の立ち入り制限施設
・原発や放射光施設、ロケットの発射基地
・地方・海外工場へのメンテナンス
・感染症患者などを受け入れる施設
・著作権管理が厳しい放送局・映像
・広告制作会社
・災害復旧現場
・3Kや過酷な作業現場

ADDER社 KVMソリューション

カタログや詳細内容については各画面をクリックください。

 

ADDER製品ラインナップ

型番 ビデオ解像度 TX RX 接続
コンピューター数
延長距離 オーディオ
エクステンダー
X DVI-PRO WUXGA
1920x1200@60Hz
DVI×1
USB2.0×1(TypeB)

Audio×1
RJ45
DVI×1
USB2.0×4(TypeA)

Audio×1
1対1 50m:CatX 片方向
XD150 WUXGA
1920x1200@60Hz
DVI×1
USB2.0×1(TypeB)

Audio×1
RJ45
DVI×1
USB2.0×4(TypeA)

Audio×1
RS232×2
1対1 50m:CatX 片方向
両方向
※ファイバー
使用時
XD522-DP-
PAIR
4K 
3840×2180@30Hz

WQXGA
2560×1600@60Hz

2K/WUXGA
1920×1200@60Hz

1920×1080@60Hz
DP×2
Audio×2

USB2.0×1(TypeB)
RS232
DP×2
Audio×3

USB2.0×4(TypeA)RS232
1対1 ・4K/WQXGA
100m:Cat7Bulk
・WQXGA
80m:Cat7Patch
70m:Cat6a

60m:Cat5e
・WUXGA
150m:Cat5e
両方向
SPDIF
XD642-DP 4K
4096×2160@60Hz
DP×2
USB2.0×2(TypeB)

RJ12、RJ45
DP×2
USB2.0×4(TypeA

RJ12、RJ45
1対1 4km:ファイバーシングル
300m:ファーバーマルチ
100m:Cat6
50m:Cat5A
デジタル
アナログ
スイッチ
AV4PRO-DP

WQXGA
2560×1600@60Hz
DP×1
USB2.0×1(TypeB)
RJ45×1
DP×2
USB2.0×4(TypeB)
Audio×1
1対4    
AV8PRO-DVI 4K
4096×2160@60Hz
DP×1
USB2.0×1(TypeB)
RJ45×1
DP×1
USB2.0×1(TypeB)
RJ45×1
1対8    
CCS PRO4   USB2.0×4(TypeB)
Audio×4
USB2.0×2
Audio×1
1対4    
CCS PRO8   USB2.0×8(TypeB)
Audio×8
USB2.0×4
Audio×1
1対8    
      リモートアクセス
IPEPS-PLUS  WUXGA
1920x1200@60Hz
HDMI×1
USB2.0×3(TypeA)

Audio×1
RJ45

   1対8    
AL-IPEPS-DA

UGA
1600x1200@60Hz


VGA×2
Audio×1

RJ45×1
PS/2×4

   1対16    
ALD-IPEPS

WUXGA
1920x1200@60Hz
DVI×1
USB2.0×1(TypeB)

Audio×1
RS232C×1

   1対16    
      マトリクス
DDX30 WUXGA
1920x1200@60Hz
DVI×1
USB2.0×1(TypeB)
Audio×1
RS232C×1
DP×2
USB2.0×4(TypeA)
RJ12、RJ45
    片方向
XDIP-XX WUXGA
1920x1200@60Hz

HDMI×2
USB2.0×2(TypeB)
USB2.0×1(TypeA)Audio×1
RJ45
      片方向
両方向
ALIF100T-DP/DVI/VGA

DPWQXGA×1
2560×1600@60Hz
DVI/VGAWUXGA×1
1920x1200@60Hz
DP/DVI/VGA
USB2.0×1(TypeB)
RJ45×1
      USB両方向
ALIF2112T
WQXGA×1
2560×1600@60Hz
WUXGA×2
1920x1200@60Hz
DVI×2
USB2.0×1(TypeB)
Audio×2
RS232×1(D-Type)
RJ45×2
    10km:光ファイバー

両方向
ALIF3000R

WQXGA×1
2560×1600@60Hz
WUXGA×2
1920x1200@60Hz
  DP×2
USB2.0×6(TypeA)
Audio×3
RJ45×1
SFP×2
    両方向
ALIF4021

5K×2
5120×1440@60Hz
5120×2880@30Hz
WUXGA×2
1920x1200@60Hz
DP×2
USB2.0×1(TypeB)
Audio×2
RS232×2(D-Type)
RJ45×2
SFP×2
DP×2
USB2.0×5(TypeA)
Audio×3
SPDIF×1
RJ45×2
SFP×2
    両方向 



関連記事

 
生産設備向けソリューション
【世界の生産設備における 具体的な実績例】より安全かつ生産性向上につながる解決策を提案致します

カタログダウンロード

日本語のカタログはこちらからダウンロードいただけます→ダウンロード

お問合せ

詳しい情報やお問合せはこちら

電話でのお問合せは以下までご連絡ください。
TEL:03-6362-1510
インフラビジネス部 担当:吉沢
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加