お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアメーカー情報Quanergy【精度検証】Quanergy社Solid State LiDARを利用した人数カウント

【精度検証】Quanergy社Solid State LiDARを利用した人数カウント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【精度検証】Quanergy社Solid State LiDARを利用した人数カウント

目次

はじめに
Solid Sate LiDAR製品「S3-2」とは
精度検証結果
おわりに

はじめに

昨今のコロナ禍により、日本および世界では「Social Distance/ソーシャルディスタンス」(社会的距離)への取り組みが試されており、対策の一つとして「人数制限」や「人数管理」が挙げられます。

日本の労働人口の減少の観点もあり、人数カウントの自動化や可視化、分析を実現するためのサービスの需要は拡大しており、更に上記の対策を目的としていることからカウント精度は必須になるかと思います。

本記事ではQuanergy社の提供しているSolid State製品を用いた人数カウントソリューション「S3-2」の紹介及び精度検証結果について案内します。

Solid State LiDAR製品「S3-2」とは

Quanergy社の提供している「S3-2」はセンサ内に人数カウントソフトウェアが内蔵されており、センサでオブジェクトをスキャンし、出力される点群データから物理的な特徴をもとにリアルタイムにオブジェクトの詳細情報を出力します。
検出されたオブジェクト情報は、方向、速度、タイプを含む豊富なデータを生成しますが、点群データ(Point Cloud)を軽量化して翻訳される為、アプリケーション開発者は、開発工数を減らすことができ、アプリケーション部分の開発に注力いただくことが可能です。

また、LiDARを使用していることから、カメラとは異なり、昼夜/屋内外問わず安定したセンシングが可能でプライバシーを保護しながら精度の高いオブジェクト検知が可能です。この「S3-2」は業界初のオプティカルフェーズドアレイ(OPA)テクノロジーに基づく真の100%ソリッドステートLiDARです。
上記の革新的な技術により、可動部品がない為、振動の影響を受けづらく、高い信頼性を有した製品です。

次項ではその「S3-2」の人数カウント精度について弊社で検証しましたのでその結果を報告します。

精度検証結果

検証は以下の条件で実施しました。

<検証環境>
場所  :弊社練馬支店
環境  :屋外
天候  :晴れ
時間  :15時頃
人数  :6名
センサ高:2.5m
ゲート幅:1.6m
往復  :6往復/人

▼実証実験の様子についてはこちら



屋外の環境下で6名が各6往復(往路:36/復路:36/計72回 通過)した結果 ...68回の検知を実現できました。

結果として...

<カウント結果>
往路  :34/36
復路  :34/36
精度  :94.44%

94.44%の検知精度で計測ができました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回の検証のLiDARセンサはプロトタイプでの計測でしたが、現在は既に本製品がリリースされており、
ソフトウェアアップデート、及び設定の最適化を行い、精度の改善に引き続き取り組んで参ります。

「S3-2」はハードウェアに内蔵されているソフトウェアより点群データを処理して、座標を含むオブジェクトデータへの変換が可能です。そのため、システム開発者は、開発工数を減らすことができ、アプリケーション部分の開発に注力いただくことが可能です。
人数カウント計測をご検討の方はお気軽に弊社へお問い合わせください。

Quanergy のその他製品ラインナップは こちら
Quanergy の関連メディア記事は こちら
Quanergy製品データシートはこちらより登録後/ダウンロードをお願いします。

更なる情報を要望のお客様へは打合せによる製品の紹介や実地でのデモを承っております。
ご希望の際は、お問い合わせフォームもしくは以下より相談ください。

担当部門: 特販営業グループ
メール : quanergy@jepico.co.jp

担当者 : 小暮 03-6362-0422(ダイヤルイン)
上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
担当者不在の場合には、お手数ですが問い合わせフォームよりお願いいたします。

最新情報更新中!
youtube  
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加