お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアメーカー情報SCANTECHSCANTECH社KSCANの活用事例:風力発電におけるタービンハブの3D計測

SCANTECH社KSCANの活用事例:風力発電におけるタービンハブの3D計測

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SCANTECH社KSCANの活用事例:風力発電におけるタービンハブの3D計測

こちらの記事ではSCANTECH社3Dスキャナーを用いて風力発電所におけるタービンハブの3D計測を行った様子をご紹介いたします。

 目次

 1.はじめに
 2.風力タービンハブの3D計測
 3.SCANTECH社の3Dソリューション
 4.スキャン工程
 5.まとめ

1.はじめに

風力エネルギーは、クリーンで無公害の再生可能エネルギー源です。 風力発電所は通常、山に囲まれた盆地や海や湖近くの低い場所、または山の周りのカルスト洞窟を通して選択されます。 ただし風力発電設備は地形、季節などの環境要因の影響を受けやすいため、厳格な品質管理が不可欠です。



2.風力タービンハブの3D計測

風力タービンハブは、主軸へのブレードの負荷衝撃を低減するために、十分な強度および十分な衝撃吸収性能を備えている必要があります。 しかし、ホイールキャスティングは重量が大きく製造プロセスが複雑です。 幾何公差テスト用の3Dデータを正確に取得するにはどうすればよいでしょうか?

3.SCANTECH社の3Dソリューション

従来の測定はオペレーターの経験に大きく依存しており、明らかな欠点がありました。 テクノロジーの継続的な更新により、ハンドヘルド3Dレーザースキャナーがあらゆる分野に登場しました。

3Dスキャナーを使用するメリット:

高精度&優れたディテール

複雑な表面も正確な3Dデータを簡単に取得

・動的測定

・時間の節約と労働効率

手動測定によるデメリット:

累積的なヒューマンエラー

・複雑な表面を検査するのは難しい

・低効率で時間がかかる


ただし、通常のハンドヘルド3Dレーザースキャナーにもある程度の欠点があります。 スキャン対象が容積7m×5m×6mの風力タービンハブのような巨大で重い物体の場合、累積誤差のために細部は満足のいくものではない可能性があります。 したがって、正確な3Dデータを取得するには写真測量装置などの他の製品と組み合わせて、累積エラーを回避する必要があります。

KSCANシリーズの3Dスキャナーは、通常の3Dレーザースキャナーと比較して携帯性と効率性に優れているだけでなく、超高精度の3D検査を実行できます。 その世界初特許取得済みの内蔵された写真測量システムは、大規模なプロジェクト測定で圧倒的なパフォーマンスを発揮します。 KSCAN 3Dスキャナーは、他のツールを使用せずに1台で巨大なものまで検査可能です。

4.スキャン工程

■ステップ1:
内蔵された写真測量システムで計算


内蔵された写真測量システムを利用してハブの複数の2D画像を取得し、表面上の重要なポイントの3D座標値を計算できます。

■ステップ2:
3Dスキャン計測


複数のレーザーで3D点群をすばやく取得でき、パソコンでは3Dデータをリアルタイムで表示します。

■ステップ3:
完全な3D点群データの取得





■ステップ4:
データ比較





5.まとめ

写真測量システムを内蔵したKSCAN 3Dスキャナーは、追加ツール無しで高精度3D計測の要件を完全に満たすことができ、非破壊検査を実現します。 またその広いスキャン領域、被写界深度および超高速スキャン速度により検査時間が大幅に短縮され、製品の製造サイクルが短縮されます。 試験結果に基づいて厳格な品質管理を実施し、高強度の耐疲労性を実現できます。

6.関連記事

・SCANTECH社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
SCANTECH社のハンドヘルド3Dスキャナーの販売を開始いたしました!

活用事例:
SCANTECH社KSCANの活用事例:10μmの解像度でのアルミダイカスト詳細スキャン

SCANTECH社PRINCEの活用事例:木彫り・彫刻業界×ハンドヘルド3Dスキャナー

SCANTECH社PRINCEの活用事例:3Dスキャナーによるインペラ部分のリバースエンジニアリング

SCANTECH社KSCANの活用事例:3Dスキャナーを用いたカヤックの製品設計

 お問合せ

製品の詳細を知りたい、デモンストレーションを見てみたい、SCANTECH社の他の3Dスキャナーに興味がある…など

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
   ※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
    担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加