お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアメーカー情報SCANTECHSCANTECH社KSCANの活用事例:3Dスキャナーを用いたカヤックの製品設計

SCANTECH社KSCANの活用事例:3Dスキャナーを用いたカヤックの製品設計

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SCANTECH社KSCANの活用事例:3Dスキャナーを用いたカヤックの製品設計
日本ではあまり接触することの少ないカヤックですが、この記事では、SCANTECH社3Dスキャナーを用いた海外でのカヤックの湾曲位置や曲率計測の事例をご紹介させていただきます。

 目次

 1.はじめに
 2.カヤックの3D検査
 3.3D検査の難しさ 
 4.SCANTECH社の3Dソリューション
 
5.関連記事

1.はじめに

カヤックは世界中で非常に人気のあるウォータースポーツです。アウトドア愛好家にとって、カヤックは環境にも優しく、リラックスできるスポーツとして親しまれています。カヤックには多くの種類がありますが、主にレクリエーション用カヤックの高い需要があります。

2.カヤックの3D検査

製品需要と絶え間なく変化する消費状況により、市場に参入する新製品がイノベーションに焦点を合わせると、既存企業はブランド/品質/コストの面で激しい競争を繰り広げます。カヤックの速度と安定性を向上させるために、カヤックメーカーは既存の製品を再開発してカヤックの性能を向上させ、市場競争力を強化する必要があります。

3.3D検査の難しさ

従来の測定方法では、データ収集密度に問題があります。カヤック表面の湾曲位置や曲率を正確に測定することは不可能であり、製品開発に深刻な影響を及ぼします。また長さ4メートルのカヤックの場合、測定に時間がかかります。通常の3Dスキャナーには、データスプライシングエラーや非効率性の問題がある場合、スキャン領域に特定の制限があります。

4.SCANTECH社の3Dソリューション

カヤックメーカーが製品の市場参入までの時間を短縮できるように、SCANTECH社KSCANスキャナーを採用して3D測定を迅速に完了しました。

KSCANスキャナーは、1440 mm × 860 mmの比類のないスキャン範囲により、マーカーの数を大幅に削減し省力化を実現しました。 また1,350,000回の測定/秒で迅速なデータ収集が可能です。 さらに、0.010mmの解像度となっており優れたディテールを保証します。








マーカー貼付:2分

スキャニング:5分

他の3Dスキャナーと比較して、KSCANシリーズは比類のないパフォーマンスを提供します。 さらに、内蔵の写真測量システムは、大規模なプロジェクト測定に直面したときに、より簡単に超高精度のNDT検出を実現します。

5.関連記事

・SCANTECH社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
SCANTECH社のハンドヘルド3Dスキャナーの販売を開始いたしました!

活用事例:
SCANTECH社KSCANの活用事例:10μmの解像度でのアルミダイカスト詳細スキャン

SCANTECH社PRINCEの活用事例:木彫り・彫刻業界×ハンドヘルド3Dスキャナー

SCANTECH社PRINCEの活用事例:3Dスキャナーによるインペラ部分のリバースエンジニアリング

 

 お問合せ

製品の詳細を知りたい、デモンストレーションを見てみたい、SCANTECH社の他の3Dスキャナーに興味がある…など

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
   ※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
    担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加