お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    エレクトロニクス専門商社ジェピコジェピコメディアメーカー情報SCANTECHSCANTECH社PRINCEの活用事例:3Dスキャナーによるインペラ部分のリバースエンジニアリング

SCANTECH社PRINCEの活用事例:3Dスキャナーによるインペラ部分のリバースエンジニアリング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SCANTECH社PRINCEの活用事例:3Dスキャナーによるインペラ部分のリバースエンジニアリング

 目次

 1.はじめに
 2.インペラの測定
 3.スキャン工程
 4.関連記事

1.はじめに

最新の製造技術と製品設計において、その複雑さから手動での製品測定はより困難になっていると考えられます。特に、複雑な構造且つ小さく細かい部分が多い部品などでは、手動での測定では累積的なエラーが発生しやすく正確な3Dデータを取得することは大変難しいです。

近年、3Dスキャニング技術は様々な分野で幅広く利用されています。 3Dスキャナーは高精度で高速、且つシンプルな操作、そして持ち運びが簡単なことから多くのユーザーに好まれています。

市場にはさまざまな3Dスキャナーがあります。一般的な3Dスキャナーの中には、穴部分や死角、複雑な表面などの3D測定を実行することが困難なものもあります。この記事ではSCANTECH社が誇るダブルレーザーを使用した3DスキャナーPRINCEを使用し、インペラ※1部分のリバースエンジニアリングに活用した事例を紹介します。

※1:ポンプや発電機に使われる送風用の羽根車のこと

2.インペラの測定

インペラは通常狭い間隔で設計されているため、異なる角度から3D測定を行う必要があり正確な3Dデータの取得は大変難しいです。

特許取得済みのRedレーザーとBlueレーザーを備えた高精度のSCANTECH社PRINCE 3Dスキャナーは、製品開発、リバースエンジニアリング、品質管理、リバースエンジニアリングなどの幅広い用途で適用されています。

 
■PRINCEの特長

・小さなコインから自動車のような大きなものまでスキャン可能

・0.02mmの解像度

・2つのスキャンモード(RedレーザーとBlueレーザー)を素早く切り替えることが可能

・Redレーザーのシングルモードで深い穴でも正確にスキャン

・耐環境性に優れた設計

3.スキャン工程

■ステップ1:
マーカーを貼り付けインペラをスキャンします。




■ステップ2:
スキャンした3Dデータを付属ソフトウェアのScanViewerへインポートし、インペラ下部のアウトラインを塗りつぶします。


■ステップ3:
インペラ下部のアウトラインを描きます。


■ステップ4:
回転してCADモデルを作成します。



■ステップ5:
羽根の一部分を選択し、表面をならします。



■ステップ6:
回転させながら羽根のアウトラインを決めます。


■ステップ7:
羽根のアウトラインを描きます。


■ステップ8:
単一の羽根のモデルを作成します。

■ステップ9:
PC上で円形回転させ、完全な羽根のCADモデルを作成します。


■ステップ10:
全体の完全な3Dモデルを取得します。


SCANTECH社PRINCE 3Dスキャナーは、複雑な構造物や深い穴部分などの3Dデータを高速でキャプチャします。
3Dスキャンテクノロジーを利用して、製造業におけるR&Dフローを加速させ製品品質を向上させてみませんか?

4.関連記事

・SCANTECH社についてはこちらをご覧下さい。
・関連するメディア記事はこちらを参照ください。

製品紹介:
SCANTECH社のハンドヘルド3Dスキャナーの販売を開始いたしました!

活用事例:
SCANTECH社KSCANの活用事例:10μmの解像度でのアルミダイカスト詳細スキャン

SCANTECH社PRINCEの活用事例:木彫り・彫刻業界×ハンドヘルド3Dスキャナー

 

 お問合せ

製品の詳細を知りたい、デモンストレーションを見てみたい、SCANTECH社の他の3Dスキャナーに興味がある…など

ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せフォームまたは担当者にご連絡ください。
株式会社ジェピコ 製品担当:斎藤
TEL:03-6362-4635
   ※上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
    担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
E-mail:jepico_HSP@jepico.co.jp

最新情報更新中!

 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加