お問い合わせ
資料
ダウンロード

ジェピコメディア

    株式会社ジェピコジェピコメディアメーカー情報日立システムズ日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化

日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日立システムズ社 ドローンによる構造物の点検作業向けクラウドサービスを強化
この度、弊社取り扱いの株式会社日立システムズ社より提供しておりますドローンの操縦や撮影代行、撮影した画像の加工と診断、データの保管・管理、業務システムとのデータ連携をワンストップで支援する「ドローン運用統合管理サービス」の機能を強化いたしました。

 目次

 ドローン運用統合管理サービス概要
 強化された新機能
 関連情報
 お問い合わせ


 ドローン運用統合管理サービス概要

日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」は、ドローンの活用に必要な準備操縦から、空撮データの加工分析までお客様に代わって行うことで、既存ビジネスのデジタライゼーションから新しいビジネスモデルの創出までを支援します。必要な部分だけのサポートからトータルサポートまでお客様のニーズに合わせて柔軟に対応します。


主な機能
① データ加工:
 3次元モデル生成機能画像データから3次元モデル(点群・3Dメッシュ)、DSM、オルソモザイクをお客様自身の操作で自動生成することが可能です。


② データ分析:
 劣化診断機能AIによる診断で画像データから損傷箇所(ひび)を自動で抽出します。


③ データ管理:
 3次元管理台帳機能3次元モデルと画像データの紐づけを実施いたします。それにより特定箇所の確認が容易になります。コメント・マーカー機能により画像データを編集し、編集した画像データを診断結果としてレポート形式で出力することが可能です。



 強化された新機能

<ひび、さび/AI劣化診断>
“ひび”、”さび”のAI劣化診断を行い、構造物のどの箇所に存在するかを容易に把握することができます。コンクリートの”ひび”の長さや幅を自動計測したり、”さび”を自動的に検出する機能を追加しました。画面上で自動計測・検出により表示された損傷結果に対して作業員によりクラックスケールを表示して計測や構造物画像に重ねた状態で任意の大きさに拡大・縮小して詳細に確認することも可能で、最終的にはレポートとして出力することもできます。 


<複数枚の画像を集約した構造物全体の画像データを作成可能>
別々に撮影した複数枚の画像データを画像に生じるゆがみなどを補正しつつ全体の広域平面画像を自動生成いたします。これにより、従来、1枚ずつのAI診断だったものを1枚の大きな写真として生成可能です。生成した広域の平面画像にて上記の診断を行うことができます。
 


実際の画面での詳細説明のご要望がございましたら、こちらからお問い合わせください。

 関連情報

日立システムズ社の情報はこちらを参照ください。
関連記事はこちらを参照ください。
資料はこちらからダウンロードをお願いいたします。


 お問い合わせ

具体的な表示内容や実画面での内容説明など詳細内容をご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。
製品担当:土屋(03-6362-0336)、石川(03-6362-0369)
上記電話番号はダイヤルインのため、担当者が対応できない場合もございます。
担当者不在の場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりお願いいたします。

Email : jepico_HSP@jepico.co.jp

 


※記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加